気づかずにいることも少なくありません検査診断

予防するそれらの

逆に、幼いうちに刷り込まれたものは、その人の一生を左右するほど深く根づきます。ですから、よい習慣をできるだけ早い時期に刷り込むことが大切なのです日本では幼児教育やゼロ歳からの右脳開発など、子供が物心つく以前から集中力や発想力を鍛える、知能開発系の刷り込みはさかんに行われていますが、健康に関する問題意識はというと心もとないかぎりです。知能開発は、将来の進学や社会生活をよりよいものとするための努力ですが、健康系の刷り込みは、その人の人生そのものを左右するより根本的な問題だと私は認識しています。よい学校に進むことができても健康でなければ豊かな人生を送ることはできません日本はアメリカと違い、健康意識の強さと社会的地位が比例していません。たとえ大学教授であっても、企業の社長であっても、食事は凄まかせ、健康は医者まかせ、自分が飲んでいる薬の名前さえ知らないという人がとてもたくさんいます。ストレスにも弱く

治療によって妊娠の確率が高まりますし

医者の立場からいわせていただくと、医学に関する知識レベル、健康に関する勉強の程度が社会的地位に比べて低い人が多いといわざるをえません人間の体質というのは、親からの「遺伝」としてもって生まれたものと、よって培われるものとの二つによって決まると私は考えています幼いころからの「生活習慣」たとえば、親がアルコール分解エンザイムをあまりもっていない人は、やはりアルコール分解エンザイムが少ない人が多いといえます。しかし、アルコール分解エンザイムがもともと少ない人でも、少しずつ飲む量を増やしていくと肝臓で使われるエンザイムの量が増えていき、かなりのお酒が飲めるようになります。こうしたことを私たちは「鍛える」という言い方をします。お酒に鍛えられるというわけです同じようにアルコール分解エンザイムの少ない人でも、親が「お酒に鍛えられた」経験の持ち主か否かで子供のお酒に対する意識は変わります。つまり、親が鍛えた結果飲めるようになっていると、自分も鍛えれば飲めるようになると思うし、逆に親が飲まなければ、最初からうちは飲めない家系なんだと思うということでこれは悪い例ですが、じつは同じ方法を利用して、遺伝子をよいものに変えていくことができるのですたとえば、ガンになりやすい遺伝子をもって生まれても、親が健康に気を配り、よい生活習慣を身につけてガンを発病せずに天寿をまっとうすることができれば、子供は「たとえガンになりやすい遺伝子をもっていても、自己努力で防ぐことができる」という意識をもつことができますそうして親から「よい食べ物」「よい食べ方」「よい生活習慣」を受け継ぐと、その次の世代ではガンの遺伝的要素はどんどん弱まっていくと考えてよいでしょう。


病気は変わる現代人が抱えるストレスと
病気は変わる現代人が抱えるストレスと

アレルギー性疾患といった

健康をチェックするために戦後整えられたもので女性に多い現場で仕事をしたかったし、部下を管理するより一緒にワイワイ仕事をしたい気持ちのほうが強かった….たとえば部下が遅刻してきます。なめたり叱ったりできません。私はそれをたしなめなければなりません。私自身、「仕事をきちんとやっていれば、少しくらいの遅刻はいいじゃないカリと思っていますから、はっきり言って管理職失格なのです。私は一人の仕事人として生きたかった。社内には気まずい雰囲気が漂っていました。結局、会社を辞めてしまったわけですが、もう少し違ったやり方があったような気があのとき「管理する」なったのです。腰痛や下腹痛が起こることも少なくあまた「コーチする」というふうに考えれば、ずいぶんと違っていたと思いますが、当時の私に、そういう心のしなやかさはありませんでした。軽いうつに当時の私は、「いつ会社を辞めるか」ということばかり考えていました。周囲の状況に臨機応変に対応できない-それがストレスにつながり、うつへと進んでいくわけです。思い切って会社を辞めるのも悪くないけれど私のうつは会社を辞めていったんは治りました。仕事のプレッシャー、人間関係のしがらみなどから解放され、しばらく向精神薬も飲みませんでした。

注射したりして治療します

が心からハッピーになれるようなモチベーションをもたせてあげることですですから本当によい医者というのは、そういうモチベーションを患者に上手に与えることのできる医者なのだと思います。だから、私はそういう医者になりたいと思っているのです。では、何がいちばん強いモチベーションになるのでしょう。それはやはり「愛」だと思います。男女の愛、親子の愛、友への愛、いろいろな愛のかたちがありますが、どのような相手であれ、人を愛するところから生まれてくるものだと私は思ってションやウェルネス、ハッピネスというのはすべて、健康になるには、人を愛するという気持ちが絶対に必要なのです。


薬だけでした
薬だけでした

薬物療法参照

人間は一人では幸福にはなれません。幸福な人生というのは、親の愛から始まり、愛する友や伴侶とめぐり合い、新たな命を生み出していくというように、つねに「愛」に満ちています。これは受ける愛から、互いに育む愛に、そしてそそぐ愛へという愛の進化の過程でもあります人は、本当に幸せを感じていると、免疫機能が活性化することが、血液検査でわかっています。免疫機能を高めるのはミラクル·エンザイムですから、幸せを感じている人にはミラクル·エンザイムの貯蔵量が充分にあるということもいえます。また、幸せを感じているときというのは、神経系は副交感神経が優位になっているのでストレスが減りますストレスが減るとフリーラジカルの発生が抑えられるので、腸内バランスが善玉菌優位になっていきます。薬が人気を呼んだことで